【2021年01月18日】

どちらかと言えば肉食系?ハシブトガラス!

スズメ目カラス科カラス属
留鳥 全長:56cm
学名:Corvus macrorhynchos
英名:Jungle Crow
 名前の通り、ハシボソガラスやミヤマガラス、コクマルガラスに比べて一段と太くて大きいハシブトガラス。また、上嘴の先端が下向きに湾曲している。食性は、ハシボソガラスと同じように昆虫、果実、動物などを食べる雑食性。
<撮影時のエピソード>下の動画は、海岸にいたカメを食べようと必死に攻撃を試みるハシブトガラスです。その様子を見る限り、2,3羽で連携した攻撃は見られませんでした。それぞれが攻撃しているように見えます。次の動物の死骸を食らう場面はモザイクをかけていますが・・・見たくないですね。

【2021年01月18日】

冬鳥ミヤマガラス

スズメ目カラス科カラス属
冬鳥 全長:47cm
学名:Corvus frugilegus
英名:Rook
 冬鳥で農耕地などに大群で飛来するミヤマガラス。数百羽単位で農耕地や干拓地に飛来し、昆虫や植物の実などを地上を歩きながら採食する。かなり、警戒心が強く、近くからの撮影は難しい。大きさは、ハシブトガラスやハシボソガラスに比べて小さい。このミヤマガラスの群れの中にさらに小さいコクマルガラスが混じっていることがある。
<撮影時エピソード>下の画像は、野鳥観察を始めたころで、初めて撮影したミヤマガラスです。シャッターを押した時点では留鳥のハシボソガラスだろうと思っていました。と言うよりは、ハシボソガラスとハシブトガラスしか知らなかったと言ったほうが早いですが、高い鉄塔の電線に止まったり、飛び回ったりしていました。その中で、まるで懸垂をして遊んでいるかのような面白い場面をきりとることができた1枚が下の画像です。さっそく、野鳥のWebサイトにハシボソガラスとして投稿したところ、なんとミヤマガラスだったことが判明しました。野鳥図鑑でしっかり野鳥の特徴を予習しておくことが大切ですね。

ミヤマガラス
懸垂をして遊ぶミヤマガラス

【2021年01月17日】

くつろぐホシハジロ

カモ目カモ科スズガモ属 冬鳥 全長45cm
学名:Aythya ferina
英名:Common Pochard
湖沼や河川に飛来(北海道では一部繁殖)。また、漁港などの海辺でも見られる。
オスは、赤味のある茶色の頭、黒い胸が特徴。メス、は全身褐色で目のまわりに白っぽい線がある。
<撮影時のエピソード>下の動画は、漁港で撮影したものです。このホシハジロを初めて見たときは、全体的に丸っこく、ふくよかな印象を受け、ほおのふくらみがサルの頬袋を連想してしまうほどの大きさに驚きました。
 この動画では、採食行動が終わり、まったりと休憩している姿や羽づくろいする様子を撮影しています。大胆にもお腹を見せながら羽繕いする様子はおもしろいですよ。

【2021年01月18日】

鮮やかな黄色キセキレイ

学名:Motacilla cinerea
英名:Grey Wagtail

スズメ目セキレイ科セキレイ属 
留鳥・漂鳥 全長 20cm
 体下面の鮮やかな黄色が特徴のキセキレイ。繁殖期は、山地や亜高山帯の河川、渓流に生息し、崖のくぼみなどに営巣する。類似種のツメナガセキレイは、体下面全体、眉斑も黄色。
<撮影時エピソード>初めてキセキレイに出会ったときは、その黄色の鮮やかさに圧倒され、カメラを通して、純粋な黄色の虜になり、何枚もシャッターを切りました。キセキレイもハクセキレイやセグロセキレイ、ホオジロハクセキレイなどと同じように尾羽を上下に振りながら地上を歩き回り、採餌します。ほんとに忙しない動きです。少しはじっとしておくれ!と言いたくなります。
 動画では、水路を忙しなく尾羽を上下に振りながら昆虫を捕食しています。また、フライングキャッチによる捕食姿もとらえることができました。すごく目がいいですよ。食事タイム終了後は、お決まりの羽づくろいタイムです。これも時間は短いですが撮影しています。

 

【2020年12月29日】

日本で最大級のカンムリカイツブリ

学名:Podiceps cristatus
英名:Great Crested Grebe
カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属
冬鳥 全長56cm

 <撮影時のエピソード>カイツブリ類の中で日本最大で首の長いカンムリカイツブリ。下の画像は、冬羽から夏羽へ換羽をしているカンムリカイツブリ。冬羽のカンムリカイツブリはよく見かけるものの、夏羽のカンムリカイツブリに出会うことは少ないようです。この画像は、2019年の2月28日に撮影した画像で、夏羽への移行が2月にはもう始まっているのでしょう。初めてこの夏羽に遭遇したときは感動ものでした。
 動画の撮影は、2020年12月27日のものです。
漁港で、ホシハジロの群れを撮影していると、海中から突然カンムリカイツブリが現れてびっくりしました。
 潜水が得意なカイツブリ類ですが、このカンムリカイツブリはカイツブリに比べるとはるかに大きいせいかゆっくり潜水しているようにも見えます。また、ユニークなのは体の割には小さく見えるかわいらしい足。さらに、大きさだけでなく、その動きがとてもユニークでかわいいです。動画の中にその動きをとらえています。
カイツブリ目カイツブリ科 2019.2.28撮影

【2020年12月25日】

数少ない冬鳥アメリカヒドリ

カモ目カモ科マガモ属 冬鳥 全長48cm
学名:Anas americara
英名:American Wigeon
 北アメリカ北部で繁殖。日本には冬鳥として全国に少数が渡来する。河川、湖沼、池、干潟、生息し、ヒドリガモの群れに一羽で交じっていいることが多く、稀に大きな群れに2,3羽混じっていることがあるが、大抵別行動でヒドリガモに紛れ込んでいる。つがいで見られることがほとんどない。

 この3年間、毎年同じ場所でヒドリガモの群れの中で1羽だけ観察される。下の画像は、初めて撮影したときの画像で、河の土手に上がり植物を食べていた時の様子。

<撮影時エピソード>下の動画は、2020年に撮影したものです。この時は、河の土手の草が刈り取られていたせいか少し、落ち着きがなさそうに見えていました。しかし、ほんとの原因は、この後すぐに理解できました。なんとそれは、ハヤブサが近くにいたせいでした。

<撮影時エピソード>獲物をねらって身をひそめるハヤブサやオオタカなどには気づきにくいもので、現れてびっくりすることが多いです。この時もアメリカヒドリが落ち着きがなかったのは、ハヤブサが近くにいたのを知っていたようです。突然、パカーン(バカーン?)という音に振り向くと、カルガモを急襲したハヤブサを発見。驚きとともに三脚を据えて撮影しようと設置しかけるもすぐに飛び去って行きました。くやしい・・・。

【2020年12月27日】

しゃもじをうまく使って食事

ペリカン目トキ科ヘラサギ属
ヘラサギに似て、目とくちばしの間の黒が広い。
全長:77cm
湖沼、水田、干潟に飛来するが、少ない。アジア東部のみに分布。
 しゃもじの様な嘴を振り子のように左右に振りながら採餌するクロツラヘラサギです。
このクロツラヘラサギには、足環がついています。公益財団法人日本野鳥の会 自然保護室によると、Y49は、2020年の6月に韓国のHwangseodo islandという島で足輪がつけられたもので、生後約25日のヒナにつけたそうです。また、Y47からY53が今年(2020年)つけられたそうです。
絶滅危惧ⅠB類(EN) ・・・絶滅危惧

<撮影時エピソード>この日は、このクリークにいるカワセミを狙って撮影に出かけたところ、目の前に現れたのはカワセミではなく、絶滅危惧ⅠB類のクロツラヘラサギだった。しかも、近距離で採餌するクロツラヘラサギ。三脚を車の中から持ち出す暇もなく、驚かせないように手持ちでの動画撮影を行った。こんなに近くから野鳥のクロツラヘラサギの採餌する姿を撮影できる機会など滅多にあるものでは無いので、手ぶれ覚悟で撮影を行った。

 しかし、カメラの重さと手ぶれに我慢できなくなり、三脚を取り出そうと、車のドアを開けた途端、やはり気づかれ逃げられてしまった・・・・・。う~ん、くやしい!こんな後悔いつまで続く?

【2020年12月22日】

数少ない旅鳥・冬鳥 ホオジロハクセキレイ

スズメ目セキレイ科セキレイ属 少ない旅鳥・冬鳥 全長21cm
学名:Motacilla alba leucopsis
<撮影エピソード>下の画像は堤防の上をせわしなく動き回り、小虫などを採餌しているホオジロハクセキレイです。ほんとに忙しなく動き回ります。撮影するのに非常に困るセキレイの仲間の一つです。また、動画の中では、田んぼの中で採餌する様子も撮影していますが、やはり忙しない動きです。

【2020年12月22日】

頬が赤っぽいホオアカ

スズメ目ホオジロ科ホオジロ属 留鳥・漂鳥 全長16cm
学名:Emberiza fukata
英名:Chestnut-eared Bunting
 漂鳥として九州以北に分布し、東北以北では夏鳥。山地の草原、高原で繁殖し、冬季は平地のヨシ原、草地、農耕地で越冬する。夏羽は頭部が灰色で、頰はレンガ色。冬羽は全体的に色がくすんで、褐色みが強い。

<撮影時エピソード>3年前偶然にも初めて撮影できたホオアカが、左下サムネイルの最初の画像です。この時、撮影できたのはこの画像たった1枚だけでした。翌年も、おなじ場所に何度か行くものの出会えませんでした。他の場所で撮影できたのがその他のサムネイル画像です。しかし、距離がありすぎてなかなか鮮明に撮影できていません。今年、最初に撮影した場所に戻り、撮影できたのが上の動画と画像です。三脚にカメラを据えて、じっと待っていてやっと撮影できました。ほんとにうれしいですね。