ヒバリ科」カテゴリーアーカイブ

【2020年05月19日】

幼鳥ヒバリ

スズメ目ヒバリ科ヒバリ属 留鳥 全長17cm
学名:Alauda arvensis
英名:Eurasian Skylarki
 幼鳥は、頭から背の羽縁が淡色で鱗模様になっている。

頭や体上面の鱗模様が特徴の幼鳥ヒバリ

成鳥ヒバリ

2019.3.18撮影 成鳥ヒバリ
2019.3.18撮影 成鳥ヒバリ

【2019年04月29日】

ヒバリ

 スズメ目ヒバリ科ヒバリ属。スズメに似ているが、足を交互に出して歩く。時々冠羽が立って見える。
九州以北にすむが、積雪のある地域では秋冬に暖地へ移動。
飛び立つときにビルッと鳴く。
さえずり:早春に、上空でピーチュルピーチュルなどと長く複雑に続ける。(茨城、熊本の県鳥)

ヒバリ

ヒバリ(スズメ目ヒバリ科ヒバリ属) <全ての画像>2017.8.30撮影