チドリ科」カテゴリーアーカイブ

【2020年12月24日】

すばしっこくかわいいシロチドリ

チドリ目チドリ科チドリ属 留鳥 全長17cm
学名:Cbaradrius alexandrinus
英名:Kentish Plover
足が黒っぽく、胸の黒い帯はつながらない。
海岸や河口の砂地で繁殖し、干潟などに群れる。北日本では秋冬に暖地に移動。雌夏羽は雄より淡い。ピルピルと鳴く他、繁殖期には、ケレケレと大きな声もだす。絶滅危惧Ⅱ類(VU)

【2020年10月13日】

さみしい1羽だけのダイゼン

チドリ目チドリ科ムナグロ属 冬鳥または旅鳥 全長29cm
学名:Pluvialis squatarola
英名:Grey Plover

 昨年、3月に十数羽の群れに偶然遭遇しましたが、その後は1.2羽しか出会えていません。今年はどうなるでしょうか?

【2020年09月19日】

淡水域を好むムナグロ

チドリ目チドリ科ムナグロ属 夏鳥 全長24cm
学名:Pluvialis fulva
英名:Pacific Golden Plover
 夏羽の黒い胸が特徴のチドリ科。主に旅鳥として、春と秋に全国に渡来します。干潟や海岸で見られることは稀で、水田、畑地などに生息します。下の画像は河川敷で撮影したものです。夏羽は、顔から胸、腹までが黒く、それを縁取るように額から続く白い帯状の模様があります。冬羽は、体上面の黄色みがなくなり、顔から胸は褐色、体下面は汚白色になります。雌雄同色。全長24cm。

【2020年05月11日】

今年のコチドリ

チドリ目チドリ科チドリ属 夏鳥 全長16cm
学名:Charadrius dubius
英名:Little Ringed Plover
 盛んに鳴き続け、注意を引きつけている感じがして周囲を見渡したが、この1羽だけ。昨年は、偶然に抱卵している所に遭遇し、雛の誕生を期待していたが、願い叶わず。

 今年は、どうかな?

昨年の「コチドリ抱卵」へ

【2020年04月28日】

仲よしソリハシシギとメダイチドリ

ソリハシシギ:チドリ目シギ科ソリハシシギ属 旅鳥 全長23cm
学名:Xenus cinereus
英名:Terek Sandpiper
メダイチドリ:チドリ目チドリ科チドリ目 旅鳥 全長20cm
学名:Charadrius mongolus
英名:Lesser Sand Plover
 先日、オオソリハシシギとチュウシャクシギの仲良しぶりを観察できたが、今回は、ソリハシシギとメダイチドリの仲良しぶりも観察することができた。
 満潮時の波打ち際で、食事をしていたメダイチドリとソリハシシギ。まず、メダイチドリが波打ち際を歩いて離れ、こちらからは見えない位置にある砂浜移動した。すると、ソリハシシギも、鳴きながらメダイチドリの後を歩いて追いかけた。そっと見える位置まで近づくと3羽で休憩を始めていた。

メダイチドリの後を追いかけるソリハシシギ

【2020年04月27日】

メダイチドリとハマシギの大きさ

ハマシギ:チドリ目シギ科オバシギ属 旅鳥・冬鳥 全長21cm 
学名:Caridris alpia
英名:Dunlin
メダイチドリ:
チドリ目チドリ科チドリ目 旅鳥 全長20cm
学名:Charadrius mongolus
英名:Lesser Sand Plover

1羽のメダイチドリと3羽のハマシギ:大きさはほぼ同じ

【2020年04月25日】

カップル誕生:コチドリ

チドリ目チドリ科チドリ属 夏鳥 全長16cm
学名:Charadrius dubius
英名:Little Ringed Plover
 カップル誕生の瞬間に遭遇。雌雄同色、上のオスは下のメスよりやや小さく見える。また、目の周り黒色がメスより濃いように見える。この近くに、営巣するのだろうか?今後が楽しみだ。

【2020年04月25日】

キアシシギとメダイチドリの岩場の争い?

キアシシギ:チドリ目シギ科キアシシギ属 旅鳥 全長25cm
学名:Heteroscelus brevipes
英名:Grey-tailed Tattler
メダイチドリ:チドリ目チドリ科チドリ目 旅鳥 全長20cm
学名:Charadrius mongolus
英名:Lesser Sand Plover
 満ち潮の中で、偶然にどちらが狭い岩場を確保するのか観察することができた。最終的には、キアシシギが勝ったようだ。その後、トビに驚きキアシシギも岩場を去って行った。

【2019年11月02日】

11月のシロチドリ

チドリ目チドリ科チドリ属 留鳥 全長17cm
学名:Cbaradrius alexandrinus
英名:Kentish Plover
足が黒っぽく、胸の黒い帯はつながらない。
海岸や河口の砂地で繁殖し、干潟などに群れる。北日本では秋冬に暖地に移動。雌夏羽は雄より淡い。ピルピルと鳴く他、繁殖期には、ケレケレと大きな声もだす。絶滅危惧Ⅱ類(VU)

11月1日撮影
11月1日撮影
11月1日撮影

アニメ「なつぞら」のようにすばしっこいシロチドリへ