【2021年04月25日】

はじめて出会った漂鳥アリスイ

キツツキ目キツツキ科アリスイ属 全長18cm 漂鳥
学名:Jynx toroquilla
英名:Eurasian Wryneck
 初めて樹上で確認したときは、未確認だが、色合いからしてトラツグミだろうと思っていた。帰宅後に調べてみると、嘴の大きさや形状、全長の大きさなどからしてアリスイであることが判明した。一方トラツグミは、日本最大のツグミでなんと全長30cmもある。
 このアリスイは、数少ない漂鳥で、和名の通りにアリを好んで捕食するらしい。また、キツツキの仲間ではあるが、木の幹に垂直にとまることは少なく、普通の鳥のように枝にとまる。撮影中も垂直に止まることはなかった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です