【2021年01月18日】

冬鳥ミヤマガラス

スズメ目カラス科カラス属
冬鳥 全長:47cm
学名:Corvus frugilegus
英名:Rook
 冬鳥で農耕地などに大群で飛来するミヤマガラス。数百羽単位で農耕地や干拓地に飛来し、昆虫や植物の実などを地上を歩きながら採食する。かなり、警戒心が強く、近くからの撮影は難しい。大きさは、ハシブトガラスやハシボソガラスに比べて小さい。このミヤマガラスの群れの中にさらに小さいコクマルガラスが混じっていることがある。
<撮影時エピソード>下の画像は、野鳥観察を始めたころで、初めて撮影したミヤマガラスです。シャッターを押した時点では留鳥のハシボソガラスだろうと思っていました。と言うよりは、ハシボソガラスとハシブトガラスしか知らなかったと言ったほうが早いですが、高い鉄塔の電線に止まったり、飛び回ったりしていました。その中で、まるで懸垂をして遊んでいるかのような面白い場面をきりとることができた1枚が下の画像です。さっそく、野鳥のWebサイトにハシボソガラスとして投稿したところ、なんとミヤマガラスだったことが判明しました。野鳥図鑑でしっかり野鳥の特徴を予習しておくことが大切ですね。

ミヤマガラス
懸垂をして遊ぶミヤマガラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です