【2019年05月28日】

1年ぶりのオオヨシキリ

スズメ目ヨシキリ科ヨシキリ属 夏鳥として九州以北に渡来する。葦原や河川敷に生息する。一夫多妻。雌雄同色で葦の茎や葉を組み合わせてお椀形の巣を作る。しばしばカッコウに托卵される。とても賑やかなさえずりで、遠くからでもよく聞こえるが、慣れないとすぐには発見できない。これまでは、オオジュリンで賑わっていた葦原で、他を寄せ付けない大きな声とかなり険しい顔つきで、囀る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です