【2020年12月24日】

一妻多夫タマシギ

チドリ目タマシギ科タマシギ属 留鳥・漂鳥 全長24cm
学名:Rostratula benghalenis
英名:Greater Painted Snipe
 一妻多夫という鳥類でも珍しい方法で繁殖しているそうだ。オスは、営巣から抱卵、育児までこなす。一方メスは、産卵後は別オスとつがいになる。子孫を確実に残すための方法らしい。

手前がメスで、奥がオス。オスのほうが少し地味な色です。色具合も他の鳥類に比べて逆転している。

<撮影エピソード>下の動画は、車の中からの手持ち撮影です。タシギがいるかもしれないとゆっくり車を運転しながら、昨年いた側溝に近づいていくとタシギではなく、タマシギを発見。タマシギもこちらに気づき、身動きせずに警戒、しばらくは我慢比べでした。ここで、車のドアを開ければ、たちまち逃げてしまうのは確実の状況でした。仕方なく、そのまま車の中から手持ち撮影を行った動画です。途中からは、三脚を据えて撮影をしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です