【2021年02月19日】

ツグミの鳴き声

スズメ目ヒタキ科ツグミ属 冬鳥 全長24cm
学名:Turdus naumanni
英名:Dusky Trush
全長:24cm
 秋に林に飛来し、冬は芝生や農耕地、河川敷などの開けた地上で見ることができる。
ムクドリより小走りに移動しては立ち止まる。5月頃まで残る個体が多い。農耕地、草地、牧草地、河原、公園など開けた場所を好む。
<撮影時のエピソード>シベリヤに帰る春頃になると、鳴き声がよく聞けるようになると言われるツグミ。しかし、この撮影時はまだ2月で、鳴き声を録音するにはやや不向きな時節と思われる。また、移動が速く、カメラ泣かせ、撮影泣かせである。
 前回、初めての鳴き声を車中から録音することに成功したが、飛び去るときの鳴き声だった。今回は地上で羽繕いをしながら、時折鳴くツグミを撮影することができた。ヒバリの囀りが混じってはいるもののしっかりとツグミの鳴き声を録音することができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です