【2020年04月25日】

絶滅危惧種

     環境省レッドリスト2020カテゴリー(ランク)・・・撮影できた野鳥(20種)

1.絶滅(EX)わが国ではすでに絶滅したと考えられる種(15種)

2.野生絶滅(EW)飼育・栽培下、あるいは自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ   存続してる種(0種)
3.絶滅危惧ⅠA類(CR)ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの(24種)

4.絶滅危惧ⅠB類(EN)ⅠAほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高い (31種)
  ①クロツラヘラサギ ②ヒメウ

5.絶滅危惧Ⅱ類(VU)絶滅の危険が増大している種(43種)
  ①シロチドリ ②セイタカシギ ③タマシギ ④ツクシガモ ⑤トモエガモ ⑥ナベヅル
  ⑦ハヤブサ  ⑧アカアシシギ ⑨ズグロカモメ ⑩ホウロクシギ ⑪タカブシギ

6.準絶滅危惧(NT)現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては
 「絶滅危惧」に移行する可能性のある種(22種)
  ①チュウサギ ②ハマシギ ③ミサゴ  ④ハイタカ
  ⑤ヒクイナ   ⑥カラシサギ
7.情報不足(DD)評価するだけの情報が不足している種(17種)
  ①ヘラサギ ②オシドリ
8.絶滅の恐れのある地域個体群(LP)地域的に孤立している個体群で、絶滅の恐れが高いもの(2集団)
  東北地方以北のシノリガモ繁殖個体群
  青森県のカンムリカイツブリ繁殖個体群

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です